記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「和ごころ英語」とうまく考えられていない運動

さて、前回のテーマが続きまして、今回は毎日新聞に記載されている記事の話をしたいと思います。始めに、その記事を下に載せます。

“おもてなし”の接客に「和ごころ英語」 東京五輪に向け注目
2016年9月16日

政府観光局が7月に発表した2016年上半期(1〜6月)の訪日外国人観光客数が前年同期比28.2%増の約1171万4000人と過去最高を更新するなど、20年の東京五輪開催に向けて、訪日外国人の増加が見込まれ、受け入れる側の対応も課題となる。そんな中、英語が苦手な人が外国人観光客に対する“おもてなし”の気持ちを持って接するための「和ごころ英語」の研修を実施している人材育成コンサルティングの「J-Labo」を取材した。【猪狩淳一】

日本政策金融公庫総合研究所が中小企業に実施した「外国人観光客の受け入れに関するアンケート」によると、外国人観光客を「積極的に受け入れたい」「受け入れても良い」が約65%で、35%が「できれば受け入れたくない」と消極的だった。理由は「外国語が分からない」が63.9%でトップだった。

「言葉の壁」の問題を解決するため、同社では、ホテルなど外国人観光客を受け入れる企業に対し、受講者のレベルに合わせた英語プログラムを実施している。特に英語が苦手な人向けには「和ごころ英語」というプログラムを展開。ネーティブな発音にこだわらず、「メイアイヘルプユー」「エクスキューズミー」などごく簡単な英文を“カタカナ”で話し、お辞儀をしながら話すなど日本的な所作でコミュニケーションするというものだ。

同社の笠井玲子社長は元日本航空(JAL)の客室乗務員で、JALグループ初の女性取締役に就任した後、同社を起業。08年に開かれた北海道・洞爺湖サミットで、各国参加者の受け入れや、ホテルの国賓対応などの研修も担当するなど、外国人対応のエキスパートで、「日本人の親切心について外国人の評価が非常に高いのに、受け入れ側が外国語ができる人に応対が集中させてしまい、日本人が持っている気質を伝え切れていない」と感じ、“日本人が話す英語”としてのカタカナ英語で日本的な応対を重視するコミュニケーション手法を考案。20年の東京五輪に向け、ホテルなどの接客業を中心に、研修を展開している。

笠井社長は「オリンピックは日本人がグローバルになれるチャンス。『和ごころ英語』で積極的にコミュニケーションを取ることで、日本に対してさらに興味を持って、また来てもらえる。それが日本の活性化につながる。多くの外国人と接するチャンスを増やすお手伝いをしていきたい」と話し、観光による日本の活性化に、コミュケーション力の重要性を指摘している。



この記事を読むと、先ず気になるのは、「(中小企業が)外国人観光客を「積極的に受け入れたい」「受け入れても良い」が約65%で」との事です。人種等を問わず来客の数を増やしたいのは100%ではないのがこの国の人達の偏見の深さを証明しますね。一方で、半分以上がそれ程の偏見を持っていないのが良い知らせ…でしょう。そうして、勿論、いつもの様に、この偏見を説明するには、いわゆる「言語の壁」と言う建前がさすがに登場します。話しても通じないのでこの顧客を受け入れたくないと言う事であれば、お耳がご不自由な方々は本当に困りますね。しかし、なんとなく、どうやらお耳がご不自由な和人が円滑に受け入れられていない事は無さそうですね。可笑しいなあ。

とにかく、こっちで最も話したいのは、笠井社長が主張している「訪日外国人に(簡単なカタカナっぽい)英語」という〝対策〟の話です。政府が、訪日外国人の半分以上が中国人や韓国人であるにもかかわらず「外国人に英語で」と促しているし、私企業もこのふざけた話しを押しているので、笠井社長も同じ間違えを再び述べているのは別に驚くべきな事ではありませんね。


まあ…正常な人間の様な振りをしてみたらいかがでしょうか。


でも、前回の記事や様々な所で見られる様に、事実上では、多くの和人は「訪日外国人」(観光客)と「少数派の日本住民」を区別出来ないか、それとも、区別したくないのです。故に、多くの在日外国人は英語が喋れないにもかかわらず、このふざけた「外国人には英語」と言う運動が進めば進む程我々少数派の人達が更に不要な英語で話し掛けられてしまいます。

勿論、観光客への多言語サポートを一方的に非難していると言うわけではないんですが、ちゃんと「海外からの観光客」と「この社会の少数派の人達」を区別していない限りでは、我々少数派が更に他人化されてしまいます。この、「観光客への心遣い」と言う方針から生まれて来た運動が以前よりも我々を日本社会から除外してしまい兼ねません。なので、あくまでも、こんな方針や指導を導入するとしたら、人を見た目で判断しない様に、相手の話している言語に合わせて対応する様に、と注意する必要があります。皆さん、偏見やステレオタイプに巻き込まれない様にしましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hinichiyuukai

Author:hinichiyuukai
管理者のはっくんと申します。所沢市の非日本人友情協会(日本人も大歓迎)の公式ブログです。人種差別、人権、一般生活の記事を投稿しています。宜しくお願い致します。m(_)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。