記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

醜い真相が顔を露出

山ノ上公園臘月の下旬、ある夜、夜寒の中で発見した。もう随分前から長く思案して来ていた、今度の引っ越しに適切な場所を。明峰小学校に寄り添った、どこから来るかさえ知らない懐かしさで、まるで僕を引き付けようとするかのような小さい公園である山ノ上公園の付近に位置する、居心地の良さそうなアパートを。あの夜、闇の中で冷えた空気を吸い込んで白い息を吐きながらあちらこちら歩き回って来ていた末に、ついに発見した。



山ノ上公園

「パークサイドテラス」と言い、部屋のベランダから手前には明峰の校庭を、左手には北有楽町の住宅街を、そうして、右手には山ノ上公園を望む事が出来る、可愛い物件であった。「入居者募集中」と、看板に宣伝が書いてあった。目を門の名札に移すと、どうやら誘われているかのような気がした。


(見付けた、ね。こっちだぜ。俺の新しいホームだ。)


物件の前に立ち尽くしたままで、手袋を脱ぎ、指を乾いた夜の寒い空気に露出して、スマホを懐中から取り出した。指先の感覚が無くなりつつ、必死に物件名をグーグルに入力し、検索した。見付けた。

前回の部屋探しに僕が利用した、センチュリー21と言う不動産屋さんに入居者募集が任せられたようだった。僕は、決心した。さあ、やろう、と。明日、必ず連絡を入れよう、と。

明朝、興奮しながら問い合わせを打った。

パークサイドテラスに特に興味があります・・・是非、ご案内頂きたいと思います。


返答が返って来たまで時間がだるく経ち僕は首を長くして待って居った。

あの時まで、この「パークサイドテラス」と言う物件のような住まいを夢見て来ていた。もう長く当時の貧しくて卑下とした部屋を我慢して居り、引っ越しを計らっていた。ついに、手に入れちまう、と言う気持ちを込んでセンチュリー21さんの返答を待って居った。それで、

オーナー様に・・・外国籍の方はお断りしたいとの事で返答を頂いてしまいました。


と、脇腹に刀かのように、恐ろしい事情が明らかになった。

我が国ではこのような差別がまだ存在するのは、分かっていた。実際に罪の無い人が人種の為に住む場所さえ断られているとは、知っていた。但し、知識と経験との差はやっぱり激しいものだな。

しかし、これで終わるのではない。いや、むしろこれが始まりだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hinichiyuukai

Author:hinichiyuukai
管理者のはっくんと申します。所沢市の非日本人友情協会(日本人も大歓迎)の公式ブログです。人種差別、人権、一般生活の記事を投稿しています。宜しくお願い致します。m(_)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。