記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝日新聞の記事:「外国人との共生」

今日の話題ですが、この記事を朝日新聞で読み、読者の皆様とシェアしたいと思いました。僕の意見を、その下に書いています。


(社説)外国人との共生 生活者として受け入れを
2017年1月10日05時00分

いわゆる移民政策は考えない。これが政府の方針だ。

 「いわゆる移民」とは何か、政府は語らない。ただ、欧州を中心に移民・難民がさまざまな摩擦を生んでいる現状を見て、「移民」に神経をとがらせる。

 その一方で、外国人の受け入れは広げている。代表例が技能実習制度だ。期間を3年から5年に延ばし、対象職種は70を超える。約20万人が実習として各地の企業や農漁村で働く。

 ■本音と建前使い分け

 途上国への技能伝達が目的で単純な労働者受け入れではない、というのが政府の見解だ。だが、人手不足を埋める手段になっているのは公然の事実だ。

 外国人が頼みの綱で、教育に熱心な企業には「せっかく育てたのに、帰国してもらっては困る」との不満が強い。かたや、時間外労働や賃金不払いなどの法令違反があったのは年間3600事業場にのぼる。

 移民について国際的な定義はない。だが、国連は広くとらえるのが一般的との専門家らの意見を紹介し、人としての権利と尊厳を尊重するよう求める。

 政府は受け入れ先への監視を強めることなどを決めたが、態勢はこころもとない。もはや、「本音」と「建前」の使い分けは限界ではないか。

 日本で暮らし、働く意欲と覚悟がある外国人は、単なる労働力ではなく生活者として迎えるべきだ――。人手が足りない企業から、過疎化が深刻な地方から、そんな声が高まっている。

 「建前」に頼った構図は、バブル末期の人手不足を機に門戸を開いた日系人にも共通する。

 自動車関連の工場が集まる浜松市。22棟が並ぶ同市中区の県営住宅は、約1500人の4人に1人が日系人ら外国人だ。

 ■自治体からの訴え

 自治会長の橋本博行さん(73)には、入居まもない外国人家庭への苦情が寄せられる。ゴミの捨て方を守らない。夜中に大きな音を出されて困る……。

 日系人は血がつながっており、いわば「里帰り」だから、単純な労働者の受け入れではない。これが政府の理屈だったのだろう。だが、橋本さんは言う。「ルーツは日本でも、日本の文化や慣習をほとんど知らないし、日本語もできません」

 入居してくる若い世帯は日系人が大半で、日本人は入居数十年のお年寄りばかり。「自治会を維持するのも、外国人に頼らざるをえない」。橋本さんは2年前、長く暮らすブラジル人を自治会の副会長にすえた。

 全国の都市で日系ブラジル人を最も多く受け入れた浜松市は国の政策に翻弄(ほんろう)されてきた。08年のリーマン・ショック後は、失業者にお金を渡して帰国を促す国の制度によって半減した。最近は再び転入者もみられ、就職の問い合わせや子どもの教育相談が市の窓口に相次ぐ。

 「外国人労働者の受け入れや外国人住民との共生は、いまや国全体で共有すべき課題だ」。外国人が多く住み、不可欠の存在になっている浜松市など約30の自治体でつくる「外国人集住都市会議」は繰り返し訴える。

 外国人を受け入れていくために、何が必要なのか。

 過疎化が進む秋田県能代市では二十数年前から、花嫁として来日し、定住する女性がいる。当時から日本語教室を開く北川裕子さん(66)が強調するのは「互いの壁をつくらず、お隣さんとして付き合う」という、ごく当たり前のことだ。

 季節ごとの行事を通じて地元の風習や伝統を伝える。夏の盆踊りでは、外国人を敬遠しがちだったお年寄りらが交流の輪に加わるようになった。

 ■未来への投資として

 北川さんがいま、気にかけるのは、外国人の母親から生まれた子どもたちのことだ。親の離婚で母子家庭になった子も多く、日本語の力が十分でない。

 北川さんは、小学校に出向いて個別指導もしている。「この子たちは、将来の私たちを支えてくれる地域の宝です。大事に育てる仕組みが必要です」

 日本で働く外国人は、在日韓国・朝鮮人らの特別永住者のほか、国への届け出によると90万人余(15年秋時点)。内訳は、日系人や日本人の配偶者らが36万人余、留学生のアルバイトらは19万人余、技能実習生と専門技術・知識を持つ「高度人材」がそれぞれ17万人弱だ。技能実習生はすでに20万人を超えており、総数は近く100万人を突破しそうだ。

 「未来への投資として、定住外国人を積極的に受け入れていくことが求められている」

 政策提言をする財団法人「未来を創る財団」は、自治体や企業関係者を交えたシンポジウムを重ね、昨年末に提言をまとめた。財団のメンバーで日本国際交流センターの毛受(めんじゅ)敏浩執行理事は「外国人の受け入れは、地域社会を活性化させるテコになる」と指摘する。

 まずは現実を直視し、議論を始めたい。政府と国民がともに考えるべき課題である。



もう長くこのような記事を待って来ていますね。著者さんの氏名が付いていなくて、本当に残念に思います。

特に気になるのは、北川さんからの引用、「『互いの壁をつくらず、お隣さんとして付き合う』という、ごく当たり前のことだ。」特に「ごく当たり前のことだ」というのがぴったりですね。そうして、「季節ごとの行事を通じて地元の風習や伝統を(外国人住民達に)伝える」も胸を打ってくれました。

なぜならば、今までの、外国人の受け入れに関する話は圧倒的に外国人が我が国の習慣と言語を理解出来ない事を前提として話し合われて来ていますね。これはどこでも見られる事ですね。「国際交流」「多文化の社会」等、あくまでも外国人だからこそ、日本社会に同化出来ない、日本人同士と同様に付き合えない、との偏っている観点ばかりです。なんで少数派の人々を受け入れる以上は非常の対策が必要だと思われているのでしょうか。

ただ単に自分の考えなんですが、特に「日本人は、他の世界中の全ての国民と違う。独特なものだ。」という、和人の自民族中心主義的な作り話のせいなのではないでしょうか。それに、21世紀の現代でもまだ信じられている「日本の血」という迷信によるものでもありますね。これらの考え方には、色んな問題がありますが、それは別な話しです。

ここで主張したいのは、上記の迷信を信じ込んでいる観点から言えば、外国人を別に受け入れたくないとは、僕も理解出来ますよ。だって、日本国の素晴らしい所の例として、昔からの文化と綺麗な言語が挙げられますね。この外国人の人達を受け入れる以上は必ずあの文化と言語を譲らなければならないとの事であれば、日本人の誰でもちょっとだけは困るのではないでしょうか。

しかし、この「誰でも同化出来ない程日本人(まあ、実際に和人の話でしょう)は特別だよ」という、自惚れた考え方を離したら、日本文化等を失わずにも少数派の人々を受け入れる事が可能なのは明白になりますね。この国を愛している人として、僕にとっても伝統的な文化等を守るのが大事な事です。けれど、あれと、少数派の人達を受け入れる事は両立出来ないとは、間違いですね。

だからこそ、この記事に述べてある、お隣さんの外国人の人達を別人や日本への短期的な訪問者としてではなく、日本の生活者同士として受け入れるべきだという主張が特に大事なのです。我々非日本人、少数派の人達は、この国、私達も愛している国に、貢献したり、積極的に参加したりしたいのです。偏見を捨てて、一緒に協力して行きましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hinichiyuukai

Author:hinichiyuukai
管理者のはっくんと申します。所沢市の非日本人友情協会(日本人も大歓迎)の公式ブログです。人種差別、人権、一般生活の記事を投稿しています。宜しくお願い致します。m(_)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。