記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アパートへの入居拒否(その1)

最近、コメンタリーの記事を数多く投稿していますね。でも、今回はコメンタリーから離れて、2月に於いて物語った「パークサイドテラス」と言う物件への入居拒否の話しとそれに対する僕の行動を述べたいと思います。話しはやや長目なので、4件の記事で打って行きます。

先ず始め、最初からの概要を手短に記載します。

平成28年12月25日(日)


パークサイドテラスの入居者募集に関してお問い合わせをしました。同日、センチュリー21の田口瞳さんから下記の返答が返って来ました。

はじめまして。
この度は、お部屋のお問合わせをいただきまして、
誠にありがとうございます。
センチュリー21 三巧商事の田口 瞳と申します。
どうぞよろしくお願い致します。

お問合わせいただいたお部屋ですが、あいにく募集終了してしまいました。
申し訳ございません。
お問い合わせを頂きましたのが1階のお部屋になるのですが、2階のお部屋につきましては募集しております。
家賃が60,000円と上がってしまいますが、ご検討ください。

もしよろしければ、(僕)様のお部屋探しの条件をお教えください。
ご希望の条件に合うお部屋をお探しいたします。



当日の晩、僕は返事をしました。

田口様

お世話になっております。

お部屋探しの件ですが、パークサイドテラスに特に興味がありますよ。故に、家賃が6万円となっている2階の部屋でも、是非、ご案内頂きたいと思います。

なお、今、貴社が紹介して下さった●●●という物件に住んでおります。ご契約は来年5月末に満了となりますが、出来るだけ早くパークサイドテラスに住み替えたいと思っております。あと、貴社が住み替えのキャンペーンを実施中だそうです。その事情を前提としてご案内下さいませ。宜しくお願い致します。

ご返答をお待ち申し上げております。



平成28年12月26日(月)


で、翌日田口さんからの返答が届きました。

メールの返信を頂きましてありがとうございます。
センチュリー21 三巧商事の田口です。

お問い合わせを頂きましたパークサイドテラスの件ですが、昨日、オーナー様と連絡が取れず本日、オーナー様に確認をさせて頂きましたところ外国籍の方はお断りしたいとの事で返答を頂いてしまいました。
こちらの物件はオーナー様が直接、管理をされている為、不安であるとの事でした。
大変、申し訳ありません。

私の方でも、しっかりした仕事についていらっしゃることも日本語が問題ないこともお伝えさせて頂いたのですが、ご協力できず申し訳ありません。

もしよろしければ、お部屋探しのお手伝いをさせて頂きたいと思いますので下記条件を頂ければと思います。

■ご希望条件
・賃料: 円まで
・間取:
・広さ: m2以上
・エリア:
・駅から: 分
・入居人数: 人
・入居希望時期: 月 日頃
・車の有無:
・その他、こだわり条件など



お気付きでしたか。一度も僕の国籍は問われなかったのです。単純に、大和系の名前ではない事により外国人だと決め付けられました。正に日本国籍はまだ取得出来ていませんが、もし取得すると名前を変えないと以上の様な勝手な憶測が続くでしょう。これが自民族中心主義の正体です。しかも特に立腹させるのは、この人はちゃんと仕事をやっていて、日本語が出来るよと言う、田口さんからの、人種差別主義者であるオーナーへのアピールなのです。仕事についていない和人は断られるかどうかは知っている筈がないのですけれども、申込者は非日本人ならば就職していない恐れがある事が前提だとは大変卑怯な偏見です。日本生まれ育ちの非大和系日本人が特にかわいそうでしょう。

では続きまして、僕は三日後返信しました。

平成28年12月29日(木)


田口様

ご返答ありがとうございます。

人種差別の件、畏まりました。

90年代の頃、恥を知らずに、人種差別主義者の大家さん達が直接に「ガイジン不可」として物件を広告していましたね。そういった広告が見えなくなり、ついにちょっとだけは我が国の人権問題が直ったのではないかと、私は思っておりました。

しかしながら、やっぱり、そうではないのですね。「ガイジン不可」等の広告をやめ、差別用語の「ガイジン」を「外国籍の方」に入れ替え、とても綺麗な敬語で話しても、差別はまだ差別ですね。

21世紀の現代でも、こんな人種差別がまだ存在するのは我が国の恥です。そうして、パークサイドテラスの大家さんのような人種差別主義者と取引をしているのは、貴社の恥です。実際にセンチュリー21のような名高い会社がこの大家さんのような人種差別主義者を支えているのは本当に信じ難いですよ。

貴社がこの「外国人お断り」という規則を立てたわけはないとは、分かっております。それでも、この人種差別主義者である大家さんの入居者募集と協力していますので、貴社も有罪です。 我々所沢の市民達は、全ての人の人権を尊重する、誰でも住み易い市を目指しているはずです。しかし、こんな人種差別が続いている限りでは、その理想は不可能ですね。

どうか、反省して、この人種差別を支えるのを、おやめくださいませ。

さて、お部屋探しの件ですが、人種差別主義者と積極的に取り組んでいる会社は信頼し兼ねますね。ご了承下さいませ。

そうして、勿論、●●●の○○○号室に関するご契約が満了になると、更新は致しません。このメールがその契約非更新の予告です。

良いお年を。



以上が僕の、パークサイドテラスに関する最初のセンチュリー21との遣り取りです。明くる月の14日にて部屋の契約解除の予告を送信し、その次の日の15日にてセンチュリー21の店舗に立ち寄り、解除手続きを処理しました。

しかし、以上のメールは結果を生まず、僕の闘いは続きました。その続きは、次回投稿します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hinichiyuukai

Author:hinichiyuukai
管理者のはっくんと申します。所沢市の非日本人友情協会(日本人も大歓迎)の公式ブログです。人種差別、人権、一般生活の記事を投稿しています。宜しくお願い致します。m(_)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。