記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見れば分かる・・・かな。

「ガイジン?ガイジン??

と、30代のバラバラした顔をしているプチプチの女性から声が掛かってきました。今回は初めてじゃなかったんですが、思わず引きこもって答えませんでした。恋活パーティーに参加していて、この教養の無い女が自己紹介タイムの5番目の人だったんです。


「ガイジン??」

勿論、日本に居る白人として「ガイジン」と呼ばれるなんて、もう何度もと言う事になっていますね。そうなのに、こんなに大声で聞かれて、驚いて仕方が無かったもんです。

「なんで給料がこれ程低い?」とババは続けました。「あっちは―」ババは向こうの席に座っている男性を指さしました。「このぐらいだったんだよ。」ババは年収650万円の選択肢に指を付けました。俺は、他人の個人情報に興味が有る筈もんでしょうかな。とりあえず、なんでこのヤギは20代限定と言うパーティーに居るかは分からなかったけど、なんでまだ独身であるかと言うのは、明白でした。
理想的な女性。
俺が長く探していたタイプなのに。

ババの後に、残りの女性は全員早速出身を聞いてくれました。最初に「なんで?」と答えて見たけど、空気を読んで貰えずにその答えをやめて、「所沢」とか「日本」に入れ替えました。さすがに、それも無理だったんです。

「どちらの国の方?」
「所沢。」
「いや、出身は?」
「所沢。」
「いや、生まれは?」

そんな感じですね。日本人は空気が読めるといつも言われているのではない?どうか、笑わせないで下さい。

とにかく、それらの女性には興味無し、珍しく俺の人種や出身等を話題にしなかった1番目さんと2番目さんにもう決心していました。しかし、自己紹介タイムの一回りが終わった前、もう一つの宝が待ち受けてくれていたのです。最後の人はババと同じぐらいプチプチで20代後半(俺と同じだね。)の方で、俺が隣に座った途端、「ハーフ?」と尋ねてくれました。ああ、ババを乗り越えてから最後までセーフだと思っていたのにね。

「いや、いや。」俺は答えました。
「どこの国?」
「所沢。」と、俺は言って、プロフィールカードに記入してある文字に指さしました。
「日本の血が入っている?」
俺は笑って、「日本の血って何?」と聞いてみました。答える事は出来ず、彼女は人種の話の循環に再び戻りました。その後、俺が彼女に同じく日本人であるかどうかを聞いてみました。
「この顔を見れば、」彼女は仕草をして、自分の顔を示しました。「どう考えても、日本人です。」岩の下で育って、一度もアジア系非日本人を見た事が無かったわけかもしれません。

日本人
どう考えても、日本人。

でも、面白い事に気が付きました。ババが「ガイジン??」と聞いてくれたと、驚いたからと言うわけではなく、本当に確信出来ない口調で吐いたようでした。それにもかかわらず、デブちゃんはまるで全く反対の意見を持っていたようですね。じゃ、日本人は見れば分かると言うもんだと、この人種差別主義者の和人は本当に思い込んでいるかなと思われました。

さて、デブちゃんの後、自己紹介タイムが終わって、フリータイムにとうとう入りました。さっき、1番目さんと2番目さんに決心していたと言いましたが、勿論フリータイムに入ると誰に賭けるかは必ず決めなきゃって事ですね。だって、もし二人の間に一人が俺に興味が有っても俺は他方の女性に最初に話し掛けたら、ちょっとまずいんじゃないですか。って思いながら結局2番目さんにアプローチして、「もうちょっとお話をしたいんですが。」と声を掛けました。彼女は許して、一緒に座りました。

と、1番目さんが振り返って2番目さんを笑いました。

ああ、ラッキー。お友達。

「お友達ですか?」
「うん、高校から。」

そうして、話がうまく行ったと言えば、アメリカの大統領選挙がうまく行ったとも言えますね。彼女は最初から別に興味が有ると言う気配は無かった上に、俺は、

「大学で、小学校の先生を目指していますね。」と吐いたのです。
「いや、それは隣りの人。」

彼女は1番目さんの方に手を振りました。馬鹿。ばか。バカバカバカバカ。最初から興味が無かったとしても、彼女を彼女自身のお友達と勘違いしてしまって、絶対に最後の薄日が消え去りましたね。そうして、勿論、俺が他に興味を持っていたという1番目さんがまさにそのお友達だったからこそ、あちらに乗り換えても行けませんでしたね。


「小学校の先生を目指してますね。フフフフフ~」

というわけで、ふられちゃったのです。恋活パーティーのやり方があまり詳しくない方はもしかして「二人にしか興味が無かった?」と思われているかもしれません。俺の今までの経験から言えば、普通に次のパターンになります。

女性の参加者の中で、
5-10%がババやデブちゃんのような卑怯なもん、それとも30代以上の方。
80-85%が別に悪くは無いけど俺の名前、出身、人種等を主に話題にし、正常な人間のような話が難しい方。
そうして、残りの5-10%が正常な人間のような話が出来る20代の女性だからこそ魅力的な方。

参加者は普通に15-20名となるので、その中で2-3名が気になるのは当然ですね。じゃ、七転び八起きって事ですね。次回も頑張ります!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hinichiyuukai

Author:hinichiyuukai
管理者のはっくんと申します。所沢市の非日本人友情協会(日本人も大歓迎)の公式ブログです。人種差別、人権、一般生活の記事を投稿しています。宜しくお願い致します。m(_)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。